Windows 7

Windows 7 接続設定
STEP1
[スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]を選択します。
STEP2
[コントロールパネル]画面が表示されますので、[ネットワークの状態とタスクの表示]をクリックします。
STEP3
[ネットワークと共有センター]画面が表示されますので、[新しい接続またはネットワークのセットアップ]をクリックします。
STEP4
[接続またはネットワークのセットアップ]画面が表示されますので、[インターネットに接続します]を選択し[次へ]をクリックします。
STEP5
[インターネットへの接続]画面が表されますので、[ブロードバンド(PPPoE)]をクリックします。
STEP6
[インターネットへの接続]画面にて以下の入力と設定を行い[接続]ボタンをクリックします。

ユーザー名 設定通知書に記載の「接続ID」 パスワード 設定通知書に記載の「接続パスワード」 このパスワードを記憶する 任意 接続名 任意 他の人がこの接続を使うことを許可する 任意

STEP7
右の画面になりましたら接続完了でございますので、[今すぐインターネットを参照します(I)]または[閉じる]ボタンをクリックします。
Windows 7 接続・切断方法
STEP1
[スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]を選択します。
STEP2
[コントロールパネル]画面が表示されますので、[ネットワークの状態とタスクの表示]をクリックします。
STEP3
[ネットワークと共有センター]画面が表示されますので[ネットワークに接続]をクリックします。
STEP4
[現在の接続先]画面が表示されますので、ブロードバンド接続の[接続]ボタンをクリックします。
STEP5
[ブロードバンド接続への接続]画面が表示されますので[接続]ボタンをクリックします。
STEP6
右の画面になりましたら接続完了でございますので、[今すぐインターネットを参照します(I)]または[閉じる]ボタンをクリックします。
STEP7
インターネットへの接続を切断する場合には、タスクトレイに表示されているインターネットに接続中であることを示すアイコンをクリックし、接続済みの接続先に表示されている[切断]ボタンをクリックします。
Windows 7 ルータを使用しない場合の設定
STEP1
[スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]を選択します。
STEP2
[コントロールパネル]画面で[ネットワークとインターネット]をクリックします。
STEP3
[ネットワークとインターネット]画面で[インターネットオプション]をクリックします。
STEP4
[インターネットオプション]画面で[接続]タブをクリックし、[ネットワーク接続が存在しないときには、ダイヤルする]にチェックを入れ、[適用]ボタン、[OK]ボタンの順でクリックします。
STEP5
インターネットへの接続を切断する場合には、タスクトレイに表示されているインターネットに接続中であることを示すアイコンをクリックし、接続済みの接続先に表示されている[切断]ボタンをクリックします。
STEP6
[スタート]ボタンをクリックし、[Internet Explorer]を選択します。

Windows Vista

Windows Vista 接続設定
STEP1
[スタート]ボタンをクリックし、[接続先]を選択します。
STEP2
[ネットワークに接続]画面の中の[接続またはネットワークをセットアップします]をクリックします。
STEP3
[ネットワークに接続]画面の中の[インターネットに接続します]を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
STEP4
[インターネットに接続します]画面の中の[ブロードバンド(PPPoE)]をクリックします。
STEP5
[インターネットに接続します]画面で、以下の入力と設定を行い[接続]ボタンをクリックします。

ユーザー名 設定通知書に記載の「接続ID」 パスワード 設定通知書に記載の「接続パスワード」 このパスワードを記憶する 任意 接続名 任意 他の人がこの接続を使うことを許可する 任意

STEP6
接続が開始されます。
STEP7
接続が完了するとこの画面になりますので[閉じる]ボタンを押して終了します。
失敗した場合
インターネット接続に失敗した場合は、[接続をセットアップします]をクリックし、設定の確認・変更をしてください。
Windows Vista 接続・切断方法
STEP1
[スタート]ボタンをクリックし、[接続先]を選択します。
STEP2
[ネットワークに接続]画面が表示されますので、新たに設定した名称の接続用設定(デフォルトでは「ブロードバンド接続」という名称)を選択し、[接続]ボタンをクリックします。
STEP2
接続画面が表示されますので、[接続]ボタンをクリックします。
STEP3
インターネットへ接続が開始されます。
STEP4
接続が完了されると下図の画面が表示されます。
STEP5
インターネットへの接続を切断する場合には、タスクトレイに表示されているインターネットに接続中であることを示すアイコンを右クリックし、[切断]項目から現在接続しているフレッツ接続用設定名(ブロードバンド接続)を選択します。
STEP6
Windows Vista 接続設定の確認
STEP1
[スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]を選択します。
STEP2
[ネットワークとインターネット]カテゴリの中の [ネットワークの状態とタスクの表示]をクリックします。
STEP3
[タスク]メニューの中の [ネットワーク接続の管理] をクリックします。
STEP4
設定した名称の接続アイコンが表示されていますので、右クリックし[プロパティ]メニューを選択します。(デフォルトでは「ブロードバンド接続」という名称となっています)
STEP5
[任意の名称のプロパティ]画面が表示されますので、[全般]タブ内に以下の入力と設定が行われているか確認します。
サービス名 任意のサービス名(空欄でも結構です)
STEP6
[オプション]タブをクリックし、以下の設定が行われているか確認します。

接続中に進行状況を表示する チェックする 名前、パスワード、証明書などの入力を求める チェックする Windowsログオンドメインを含める チェックしない リダイヤル回数 任意 リダイヤル間隔 任意 切断するまでの待ち時間 任意 回線が切断されたら、リダイヤルする 任意

STEP7
[セキュリティ]タブをクリックし、以下の設定が行われているか確認します。 標準(推奨設定) 選択する IDを確認する方法 セキュリティで保護されていないパスワードを許可する
STEP8
[ネットワーク]タブをクリックし、以下の設定が行われているか確認します。

インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6) 任意 インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4) チェックする Microsoftネットワーク用ファイルとプリンタ共有 チェックしない Microsoftネットワーク用クライアント チェックしない

STEP9
[インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IPv4)]を選択し[プロパティ]をクリックします。[インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IPv4)のプロパティ]画面が表示されますので、以下の設定が行われているか確認し[OK]ボタンをクリックします。

IPアドレスを自動的に取得する 選択する DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する 選択する

STEP10
[詳細設定]タブをクリックし、以下の設定が行われているか確認し[OK]ボタンをクリックします。

ネットワークのほかのユーザーに、 このコンピュータのインターネット接続を とおしての接続を許可する 任意

Windows XP

Windows XP 接続設定
STEP1
[スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]を選択します。
STEP2
[コントロールパネル]画面の中の[ネットワークとインターネット接続]をクリックします。
STEP3
[ネットワークとインターネット接続]の中の[ネットワーク接続]をクリックします。
STEP4
[ネットワーク接続]の中の左部にある[ネットワークタスク]の[新しい接続を作成する]をクリックします。
STEP5
[新しい接続ウィザード]画面が表示されますので、[次へ]ボタンをクリックします。
STEP6
[ネットワーク接続の種類]画面が表示されますので、以下の設定を行い、[次へ]ボタンをクリックします。

インターネットに接続する 選択する

STEP7
[準備]画面が表示されますので、以下の設定を行い、[次へ]ボタンをクリックします。

接続を手動でセットアップする 選択する

STEP8
[インターネット接続]画面が表示されますので、以下の設定を行い、[次へ]ボタンをクリックします。

ユーザー名とパスワードが必要な広帯域接続を使用して接続する 選択する

STEP9
[接続名]画面が表示されますので、以下の入力を行い[次へ]ボタンをクリックします。 ISP名任意の名称(プロバイダ名など)
STEP10
[インターネットアカウント情報]画面が表示されますので、以下の入力と設定を行い[次へ]ボタンをクリックします。

ユーザー名 設定通知書に記載の「接続ID」 パスワード 設定通知書に記載の「接続パスワード」 パスワードの確認入力 設定通知書に記載の「接続パスワード」 このコンピュータからインターネットに接続するときは、だれでもこのアカウント名およびパスワードを使用する 任意 この接続を既定のインターネット接続とする 任意 この接続のインターネット接続ファイアウォールをオンにする 任意

STEP11
[新しい接続ウィザードの完了]画面が表示されますので、[完了]ボタンをクリックします。
STEP12
接続画面が表示されますので、[接続]ボタンをクリックし、インターネットに接続します。
STEP13
接続が完了されるとタスクバーに接続中であることを表すアイコンが表示されます。
Windows XP 接続・切断方法
STEP1
[スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]を選択します。
STEP2
[コントロールパネル]画面の中の[ネットワークとインターネット接続]をクリックします。
STEP3
[ネットワークとインターネット接続]画面の中の[インターネットオプション]をクリックします。
STEP4
[インターネットのプロパティ]画面で以下の設定を行い、[適用(A)]-[OK]ボタンをクリックします。

ネットワーク接続が存在しないときには、ダイヤルする 選択する

STEP5
[スタート]ボタンをクリックし、[インターネット(Internet Explorer)]をクリックします。
STEP6
ダイヤルアップ接続画面が表示されますので、「自動的に接続する(A)」にチェックをし、[接続(C)]ボタンをクリックします。
STEP7
接続が完了されるとタスクトレイにインターネットに接続中であることを表すアイコンが表示されます。
STEP8
インターネットへの接続を切断する場合には、タスクトレイに表示されているインターネットに接続中であることを示すアイコンを右クリックし[切断]をクリックします。

※手順1~4は初回接続時のみの操作であり、次回接続する際には手順5の操作で接続可能です。

Windows XP 接続設定の確認
STEP1
[スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]を選択します。
STEP2
[コントロールパネル]画面の中の[ネットワークとインターネット接続]をクリックします。
STEP3
[ネットワークとインターネット接続]画面の中の [ネットワーク接続] をクリックします。
STEP4
設定した名称のフレッツ用接続アイコンが表示されていますので、右クリックし[プロパティ]メニューを選択します。
STEP5
[任意の名称のプロパティ]画面が表示されますので、[全般]タブ内に以下の入力と設定が行われているか確認します。

サービス名 任意のサービス名(空欄も可) 接続時に通知領域にアイコンを表示する 任意

STEP6
[オプション]タブをクリックし、以下の設定が行われているか確認します。

接続中に進行状況を表示する チェックする 名前、パスワード、証明書などの入力を求める チェックする Windowsログオンドメインを含める チェックしない リダイヤル回数 任意 リダイヤル間隔 任意 切断するまでの待ち時間 任意 回線が切断されたら、リダイヤルする 任意

STEP7
[セキュリティ]タブをクリックし、以下の設定が行われているか確認します。

標準(推奨設定) 選択する IDを確認する方法 セキュリティで保護されていないパスワードを許可する

STEP8
[ネットワーク]タブをクリックし、以下の設定が行われているか確認します。

PPPoE(Point to Point Protocol over Ethernet) 選択する インターネットプロトコル(TCP/IP) チェックする Microsoftネットワーク用ファイルとプリンタ共有 チェックしない Microsoftネットワーク用クライアント チェックしない

STEP9
[インターネットプロトコル(TCP/IP)]を選択し[プロパティ]をクリックします。 [インターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティ]画面が表示されますので、以下の設定が行われているか確認し[OK]ボタンをクリックします。

IPアドレスを自動的に取得する 選択する DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する 選択する

STEP10
[詳細設定]タブをクリックし、以下の設定が行われているか確認し[OK]ボタンをクリックします。

インターネットからこのコンピュータへのアクセスを制限したり防いだりして、コンピュータとネットワークを保護する 任意 ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する 任意

Windows フレッツ接続ツール

Windows フレッツ接続ツールでの接続設定
ご注意
NTTのフレッツ簡単セットアップツールを利用して接続設定された場合、通常はインターネット接続の設定も完了するようになっており、本ページの設定を必ずしも必要とするとは限りませんので予めご了承ください。
STEP1
デスクトップの[フレッツ接続ツール]アイコンをダブルクリックします。
STEP2
「接続先」画面が表示されますので、[新規プロファイルの作成]アイコンをダブルクリックします。
STEP3
「プロファイル ウィザード - プロファイルに名前を付ける」画面が表示されますので、以下の入力を行い[次へ]ボタンをクリックします。

新しいプロファイル名を入力します 任意の名称(プロバイダ名など)

STEP4
「プロファイル ウィザード - ユーザー名とパスワードの入力」画面が表示されますので、以下の入力を行い[次へ]ボタンをクリックします。

この接続のユーザー名の入力 設定通知書に記載の「接続ID」 この接続のパスワードの入力 設定通知書に記載の「接続パスワード」 パスワードの再入力 設定通知書に記載の「接続パスワード」

STEP5
「プロファイル ウィザード - イーサネットアダプタの選択」画面が表示されますので、該当のデバイスを選択し[次へ]ボタンをクリックします。
STEP6
「プロファイル ウィザード - プロファイルの保存」画面が表示されますので、以下の設定を行い[完了]ボタンをクリックします。

デスクトップにショートカット作成 任意 アプリケーション起動時に自動接続 任意

Windows フレッツ接続ツールでの接続・切断方法
STEP1
デスクトップの[フレッツ接続ツール]アイコンをダブルクリックします。
STEP2
[接続先]画面が表示されますので、インターネット接続用のアイコンをダブルクリックします。
(アイコンの名称はここでは「TOPPA」となっていますが、お客様の設定により名称が異なりますのでご了承ください。)
STEP3
接続が開始され、接続が完了しますとステータスの箇所に「正常に接続されました。」と表示されます。

新しいプロファイル名を入力します 任意の名称(プロバイダ名など)

STEP4
インターネットへの接続を切断する場合には、フレッツ接続ツールの接続先画面で「この接続の終了」をクリックします。
または、タスクバーのステータスアイコンを右クリックし、[切断]メニューをクリックします。
Windows フレッツ接続ツールでの接続設定確認・変更
STEP1
デスクトップの[フレッツ接続ツール]アイコンをダブルクリックします。
STEP2
「接続先」画面が表示されますので、インターネット接続のアイコンを右クリックし[プロパティ]メニューをクリックします。 (アイコンの名称はここでは「TOPPA」となっていますが、お客様の設定により名称が異なりますのでご了承ください。)
STEP3
[プロパティ]画面が表示されます。[ユーザー名]タブに以下の設定と入力が行われているか確認します。

ユーザID 設定通知書に記載の「接続ID」 パスワード 設定通知書に記載の「接続パスワード」 パスワードを保存 チェックする

※接続時に毎回パスワードの入力を要求する場合は、[パスワードの保存]のチェックを外してください。
STEP4
[サーバー]タブをクリックし、以下の設定が行われているか確認します。

アダプタ ご利用のLANアダプタを選択 サーバー 空欄 サービス 空欄

STEP5
[TCP]タブをクリックし、以下のように設定が行われているか確認し[OK]ボタンをクリックします。

IPアドレスを自動的に取得 選択する DNS/NBNSサーバーアドレスを自動的に取得 選択する リモートネットワーク上のデフォルトゲートウェイを使用します 選択する

Mac OSX 10.4

Mac OSX 10.4 接続設定
STEP1
Dockから[システム環境設定]をクリックします。 または、[アップルメニュー]から[システム環境設定]をクリックします。
STEP2
[システム環境設定]画面の[ネットワーク]アイコンをクリックします。
STEP3
[新しいネットワーク環境の名前:]が表示されますので、以下の入力を行い[OK]ボタンをクリックします。
STEP4
[ネットワーク]画面の[表示]から[内蔵Ethernet]を選択します。
STEP5
[ネットワーク]画面が表示されますので、[ネットワーク環境]から[新しいネットワーク環境]を選択します。
STEP6
[PPPoE]タブをクリックし、以下の設定と入力を行います。

PPPoEを使って接続 チェック サービスプロバイダ 任意の名称 アカウント名 設定通知書に記載アカウントID パスワード 設定通知書に記載パスワード PPPoEサービス名 フレッツ(任意の名称) パスワードを保存する チェック

STEP7
[PPPoEオプション]ボタンをクリックし、以下の設定を行い[OK]ボタンをクリックします。

必要なときに自動的に接続 チェックする(任意) 接続を続けるために30分おきにメッセージを表示 チェックしない(任意) 接続を解除するまでの待機時間 チェックしない(任意) ユーザがログアウトするときに接続を解除 チェックする ユーザがアカウントを切り替えたときに接続を解除 チェックする PPPエコーパケットを送信 チェックする 詳細なログを作成 チェックしない

STEP8
[ネットワーク]画面の[TCP/IP]タブが表示されますので、以下の設定を行い[今すぐ適用]ボタンをクリックします。

PPPを使用 選択する DNSサーバ(オプション) 入力しない 検索ドメイン(オプション) 入力しない

STEP9
[システム環境設定]メニューの[システム環境設定の終了]を選択します。
STEP10
[設定の変更を適用しますか?]の画面が表示されますので[適用]ボタンをクリックします。
STEP11
デスクトップにある[MacintoshHD]をダブルクリックします。
STEP12
[MacintoshHD]画面の[アプリケーション]ボタンをクリックし、[インターネット接続]アイコンをダブルクリックします。
STEP13
内蔵Ethernetが選択されていることを確認の上、[接続]ボタンをクリックします。
Mac OSX 10.4 接続・切断方法
STEP1
デスクトップにある[MacintoshHD]をダブルクリックします。
STEP2
[Macintosh HD]画面の[アプリケーション]ボタンをクリックして、[インターネット接続]をダブルクリックします。
STEP3
[内蔵Ethernet]画面の[接続]ボタンをクリックし、インターネットに接続します。
STEP4
インターネットへの接続を切断する場合には表示される画面の[接続解除]ボタンをクリックします。または、メニューバーに表示されているアイコンをクリックして[接続解除]を選択し、インターネットを切断することもできます。

メール設定

iPhoneのメール設定方法
STEP1
「設定」をタップします。
STEP2
「メール/連絡先/カレンダー」をタップします。
STEP3
「アカウントを追加…」をタップします。
STEP4
「その他」をタップします。
STEP5
「メールアカウントを追加」をタップします。
STEP6

名前 お客様のお名前 アドレス お客様のメールアドレス パスワード メールパスワード 説明 お客様のメールアドレス

を入力し、「次へ」をタップします。
STEP7
「IMAP」をタップしてから、受信メールサーバと送信メールサーバの情報を入力してください。

ホスト名 受信メールサーバー ユーザ名 お客様のメールアドレス パスワード メールパスワード ホスト名 送信メールサーバー ユーザ名 お客様のメールアドレス パスワード メールパスワード

入力が終了しましたら、「保存」をクリック
STEP8
「はい」をタップします。
STEP9
「保存」をタップします。
STEP10
設定は以上です。
Windows 7 live メールの設定方法
STEP1
[Windows live メール]を起動します。[ツール]メニューから[アカウント]をクリックします。
STEP2
アカウント画面が表示されますので[追加]ボタンをクリックします。
STEP3
アカウントの追加画面が表示されますので[電子メールアカウント]を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
STEP4
[名前]画面が表示されますので、以下の入力を行い[次へ]ボタンをクリックします。

電子メールアドレス メールアドレス(@以降もすべて) パスワード メールパスワード パスワードを保存する チェックする 表示名 お客様のお名前 電子メールのアカウントのサーバ設定を手動で構成する チェックする

STEP5
引き続き、電子メールアカウントを追加する画面で以下のように設定し、[次へ]ボタンをクリックします。

受信メールサーバーの種類 POP3 受信サーバー mail.akb48.ne.jp または mail.a-mail.ne.jp ポート 995 このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要 チェックする ログインに使用する認証クリア テキスト認証 ログインID メールアドレス(@以降もすべて) 送信メールサーバー mail.akb48.ne.jpまたはmail.a-mail.ne.jp ポート 465 このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要 チェックする 送信サーバーは認証が必要 チェックする

STEP6
設定完了の画面が表示されますので、[完了]ボタンをクリックします。 以上で設定は完了です。
Windows Vista Windowsメールの設定方法
STEP1
[スタートボタン]から[電子メール](Windowsメール)を起動します。※[電子メール]がWindowsメールとなっていない場合は、[スタート]ボタン -[すべてのプログラム]-[Windowsメール]から起動します。
STEP2
[ツール]メニューをクリックし[アカウント]を選択します。
STEP3
[インターネットアカウント]画面が表示されますので、[追加]ボタン をクリックします。
STEP4
[電子メールアカウント]を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
STEP5
[名前]画面が表示されますので、以下の入力を行い[次へ]ボタンをクリックします。

表示名 お客様のお名前

※メール差出人として表示される名前になります。
STEP6
[インターネット電子メールアドレス]画面が表示されますので、以下の入力を行い[次へ]をクリックします

電子メールアドレス メールアドレス

STEP7
[電子メールサーバのセットアップ]画面が表示されますので、以下の設定と入力を行い[次へ]ボタンをクリックします。

受信メールサーバーの種類 POP3 受信メール(POPまたはIMAP)サーバー mail.akb48.ne.jp または mail.a-mail.ne.jp 送信メール(SMTP)サーバー名 mail.akb48.ne.jp または mail.a-mail.ne.jp 送信サーバーは認証が必要 チェックする

STEP8
[インターネットメールログオン]画面が表示されますので、以下の設定と入力を行い[次へ]ボタンをクリックします。

ユーザ名 メールアカウントID(メールアドレスと同様) パスワード メールパスワード パスワードを保存する チェックする(任意)

※新着メールを確認する際にパスワードを入力する場合は、[パスワードを保存する]のチェックを外してください。
STEP9
[設定完了]画面が表示されますので、[完了]ボタンをクリックします。
STEP10
[インターネットアカウント]画面に戻りますので、[プロパティ]ボタンをクリックします。
STEP11
[プロパティ]画面の[全般]タブが表示されますので、以下の設定と入力が行われているか確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

メールアカウント 任意の名称 名前 お客様のお名前 会社 任意の会社名 ※個人でご利用の場合、設定の必要はありません。 電子メールアドレス メールアドレス 返信アドレス 任意 ※返信アドレスを指定する場合は入力します。通常は設定の必要はありません。 メールの受信時および同期時にこのアカウントを含める チェックする

STEP12
[サーバー]タブをクリックし、以下の設定と入力が行われているか確認し[適用]ボタンをクリックします。

受信メールサーバーの種類 POP3 受信メール(POP3)mail.akb48.ne.jp または mail.a-mail.ne.jp 送信メール(SMTP) mail.akb48.ne.jp または mail.a-mail.ne.jp ユーザ名 メールアカウントID(メールアドレスと同様) パスワード メールパスワード パスワードを保存する チェックする(任意) ※新着メールを確認する際に毎回パスワードを入力する場合は、[パスワードを保存する]のチェックを外してください。 セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする チェックしない このサーバーは認証が必要 チェックする

STEP13
[詳細設定]タブを選択し、以下のように設定し[OK]ボタンをクリックします。

送信メール(SMTP) 465 このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要 チェックする 受信メール(POP3) 995 このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要 チェックする サーバーのタイムアウト 任意(通常は変更不要) 次のサイズよりメッセージが大きい場合は分割する チェックしない(任意) サーバーにメッセージのコピーを置く 任意 ※受信したメールデータをサーバから削除しない場合にはチェックしてください。 サーバーから削除する 任意の日数 [ごみ箱]を空にしたら、サーバーから削除 任意

STEP14
[インターネットアカウント]画面が表示されますので[閉じる]ボタンをクリックします。

AKB OFFICIAL NET プロバイダーサービスネット お申込みはこちらから